foundation

設立

趣旨
一陽会は 清新にして新奥なるものの創造に勉励し
新時代の美術を推進せんとする

一陽会は 尖鋭なる未完成こそ推薦し
前人未踏の新分野の確立に努力するものである
設立年月日
昭和30(1955)年7月
一陽会の歩み
一陽会は昭和30(1955)年7月に創立されました。二科会を退会した鈴木信太郎、高岡徳太郎、野間仁根を中心とし、同じく二科会を退会した絵画12名、彫刻2名によって結成され、公募展(絵画・彫刻・版画)として発足しました。その第1回展を同年9月に東京・日本橋高島屋において、また第4回展からは東京都美術館において、さらに平成19(2007)年の53回展より六本木の国立新美術館において、それぞれ開催してきました。現在では毎年約500点以上の作品が展示されています。

members

メンバー

役員

 

 

会員(50音順)