foundation

設立

趣旨
『国展』とは国画会が運営する日本最大級の公募展である。
『国展』は絵画部、版画部、彫刻部、工芸部、写真部の5部が一堂に会する、春の本展として国画会の創立から開催をつづける。
設立年月日
1918年(大正7年)
1918年(大正7年)に日本画家の小野竹喬、土田麦僊、村上華岳、野長瀬晩花、榊原紫峰の5名の京都の新進気鋭の画家達により、「創作の自由を尊重するヲ持って第一義となす」の理念のもとに「国画創作協会」が創設された。
日本画界の革新を目指し、芸術を「生」の問題としてとらえようとした理念は、若い画家たちに大きな刺激を与えた。その定期展は「国展」と通称された。
1928年(昭和3年)国画創作協会第1部が解散してからは名称を「国画会」と改称し、展覧会名も通称としての「国展」を継承し、梅原龍三郎を中軸として、その主宰の下に成長を続けた。2年後絵画の中に含まれていた版画も版画部として独立する。また14回展では写真部も加え、計5部からなる総合公募美術団体となった。
 
 
 
 

members

メンバー

役員

 

 

会員(50音順)