foundation

設立

趣旨
三軌会は、絵画、彫刻、工芸、写真の4部で構成されている総合美術団体です。
公募展として、毎年5月、国立新美術館にて『三軌展』を開催しているほか、巡回展を東北(仙台)、東海(名古屋)、関西(京都)の3地区で開催しています。
設立年月日
1949年
創立以来、個性尊重、新鮮で自由な表現をモットーに、作品本位の審査を行っており、民主的で自由な会風を伝統として運営しています。
同人は、会員、会友のシンプルな構成になっており、東京・中野に独立した事務所を有しています。
Message
三軌会は1949年、我が国を代表する水彩画家の互井開一と8名の水彩画家達によって、三軌会の前身である「新水彩作家協会」を立ち上げ、第7回展から「三軌会」と改称され今に至っています。当初は水彩が主体でしたが、時代の経過とともに公募のジャンルを拡大し、現在は、絵画(油彩、水彩など全般)、彫刻、工芸(陶芸、染色、刺繍、その他各種)、写真の4部門からなり、全国公募を行っています。団体所属のメンバー(会員、会友)は現在約600名に及びます。

members

メンバー

役員

 

 

会員(50音順)