あっというまに2月です!
国立新美術館で行われている、『アートサロン絵画大賞展』を鑑賞してきました。今年、初めて展示をみましたが驚きました!

作品サイズがすべてF4号以下!!
公募というと大作のイメージが強いですが、全ての作品がF4以下で、サムホールだけの壁もありました。

作品ものびのびとしていて画材もスタイルも様々。
宝探しをしているような感覚で楽しめました。大作には大作の魅力もありますが
何より、自分も作品を作ってみようかな〜という気持ちにさせてくれるのがいいですね。

近年、小作品の公募を行っている団体が増えています。
昔は50号以上が当たり前だった公募も、現在20号以下でも作品を出せる
なんてことも多いようです。大きなアトリエが無くてこまっている方も
小作品からはじめてみませんか?
ART公募で是非自分にあった公募を探してみてくださいね。

新国立美術館では、新槐樹社展、等迦展などの公募展や
美術館会館5周年として企画展『野田裕示 絵画のかたち/絵画の姿』が
開催中です。
一日中、美術館でのんびりしてみてはいかがでしょうか。