おススメ情報

おススメ情報
  • 2019/10/08
  • 没後10年 品川工展 組み合わせのフォルム
  •  品川工(1908~2009)は、新潟県柏崎市に生まれ、練馬区に居住した作家です。
    1928年東京府立工芸学校(現・都立工芸高校)を卒業後、彫金家・宇野先珉に師事。その後、兄・品川力とともに東京帝国大学近くで開店した喫茶食堂ペリカン(のちのペリカン書房)にて、立原道造や織田作之助、串田孫一らと出会います。また店に出入りしていた帝大生に訳してもらったモホイ=ナジの著書“Von Material zu Architektur(材料から建築へ)”に感銘を受け、紙彫刻やオブジェなどの制作を始めました。1935年から恩地孝四郎に師事し、本格的な版画制作に入ります。木版画を学ぶ一方、印刷会社に勤めた経験から“光の版画”やフォトグラム、鏡を使った“プリントミラー”など様々な版画表現を試みました。また実験的な版画制作と並行してユーモラスなオブジェやモビールも続けて制作し、著書も残しています。

    会期:2019年11月30日(土)~2020年2月9日(日)

    《イベント情報》
    ①「ネリビラボ 好きな材料で自由に造る/描く!カラフルなカタチ」
    12月8日(日)、1月26日(日)10:30~16:00 ※滞在時間自由
    小中学生

    ② 鑑賞プログラム「トコトコ美術館Vol.29 テーマ:はんが」
    12月21日(土)【A】10:30~12:00 【B】14:00~15:30
    12月22日(日)【C】10:30~12:00 【D】14:00~15:30
    3歳~6歳の未就学児+保護者

    ③ 鑑賞プログラム「あかちゃんと家族の鑑賞会」
    12月15日(日) 【A】10:30~12:00 【B】14:00~15:30
    0歳から2歳の乳幼児とその家族

    ④ 美術講座「2つ選べる!版画バイキング カタチで遊ぶ」
    【A:シルクスクリーン】1月11日(土) 【B:紙版・実物版】1月12日(日)
    【C:木版】1月13日(月・祝) いずれも10:30~17:00 中学生から大人

    ⑤ 当日受付ワークショップ「ペーパークラフト」
    1月18日 (土)【A】10:30~11:30【B】13:30~14:30【C】15:00~16:00
    1月19日 (日)【D】10:30~11:30【E】13:30~14:30【F】15:00~16:00
    ワークショップ当日AM10:00から美術館受付にて申込
    小学生から大人

    ⑥ 展覧会担当学芸員によるギャラリートーク
    12月7日(土)、1月25日(土) 15:00~(30分程度)

    ●会場 :練馬区立美術館 2階 展示室
    ●会期 :2019年11月30日(土)~2020年2月9日(日)
     休館日 月曜日(ただし、1月13日(月・祝)は開館、翌14日(火)は休館、
     年末年始12月29日~1月3日)
    ●開館時間 :10:00~18:00 ※入館は17:30まで
    ●観覧料 無料
    主催 練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
    助成 公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
    公益財団法人朝日新聞文化財団
    ●公式HP:https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=201908121565593487
    画像:《小さな仲裁者》 1956年、木版・紙
  • 2013/06/18
  • 画材図鑑オープン
  • 姉妹サイト画材図鑑がオープンしました。販売サイトではない画材ショールームです。あなたの制作の幅を広げる画材との出会いをお手伝いします。
    http://gazaizukan.jp/