ART公募の止まり木「フクロブ」
2011/12/26
2年間の改修工事を経て東京都美術館が平成24年4月1日にオープン致します。
今迄,他の場所で開催していた公募展も今後,続々と戻って来ます。
くれぐれも,会期や場所の確認をしてお出かけ下さい。

新しいロゴも決定したようです。
世界的なデザイナーの吉岡徳仁氏によるものです。

http://www.tobikan.jp/news/archive2011/m0deqg0000002gn6.html


  • 公募展関連
2011/12/20
岡山のM&Y記念館で開催されます。
ほほえみ展 〜絵手紙・写経・備前焼〜
2012年1月20日(金)〜2012年1月22日(日)
入館料=無料(2F常設展への入場は500円となります。)
趣味として絵手紙や写経、備前焼を楽しんでいる人たちのグループ展です。
ふとしたきっかけから作品を作る楽しみに出逢った人たちの作品ばかりです。作る楽しさを味わってもらえる作品展です。

開催場所:棟方志功・柳井道弘記念館(M&Y記念館)
1F企画展示室
所在地:〒708-0814津山市東一宮13-8
開館時間:10:00〜17:00
休館日:木曜日(月曜日から変更になりました)
※年末年始の休館は、12/28(水)〜1/5(木)です。
連絡先:0868-27-3239(TEL/FAX)
  • 作品ギャラリー
2011/12/13
80年以上も歴史のある「九段下ビル」が解体されます。
海外では100年超えの建築はいっぱいありますが,地震の国日本では難しいのでしょうか。しかし内部は3月11日の震災の影響はほとんど見られません。
最後の住人である画家の呼びかけで26日迄建物の一部が解放されアート作品が展示されています。
外観の劣化とは裏腹に内部はゆったりとした造り,天井も高く,無駄の無い間取りは現代の建築も参考にすべし!建築に興味のある方もアートに興味のあるかたも,どちらでもない人も,必見。安らぎを覚える空間。時間が作りだした空間なのかそれとも,建築ポリシーなのか。現代建築が失ったモノに会える気がします。
現代建築ってなんだろう...。

九段下アトリエブログ
http://kudanatelier.blog.fc2.com/
  • 日々の止まり木
2011/12/09
今朝 東京は初雪が降りました。
はらはらっと舞う雪は、心をひきつけるものがありますね。
寒い一日でした。
三の酉まである年は寒さが厳しいといいますね。東京の初雪が早かったのはそのせいでしょうか。

みなさん ”火の用心”
  • 日々の止まり木
2011/12/09
イルミネーションがきれいなこの時期ですが,イチョウもみごとな紅葉をむかえております。
靖国神社の銀杏並木はみごとな巨木ですが、今ライトアップされています。幻想的な景色が広がります。写真の感度がわるので伝わりづらいですが、(実際はもっと明るく金色の世界です。)人も少なく,おススメ美しさは息をのみます。
  • 日々の止まり木

プロフィール

  • ART公募フクロブ
  • ART公募事務局
  • 公募展情報もぜひご覧下さい。
  • twitterやってます
  • フクロブSNS
  • Twitter
    facebook

ART公募おススメ情報

ART公募おススメ情報ART公募おススメ情報

2019/10/08
 品川工(1908~2009)は、新潟県柏崎市に生まれ、練馬区に居住した作家
お役立ちインフォメーション
もっとみる