ART公募の止まり木「フクロブ」
2013/02/22
『杉山 寧 展 ー悠久なる刻(とき)を求めてー』
杉山寧は、1909年(明治42)に東京に生まれ活躍した戦後の日本画壇を代表する日本画家の一人です。2013年(平成25)は杉山寧の没後20年を迎えます。

東京美術学校日本画科に学び、在学中に第12回帝展で初入選し、翌年の第13回展では最年少で特選を受賞するなど、早くから才能を開花させ将来を嘱望されます。戦後は、ギリシャ神話に取材した大作《エウロペ》を発表しその後は抽象傾向の実験作に取り組みます。また幻想的な裸婦画に挑戦するなど生涯にわたり新しいテーマに制作を続けました。1974年(昭和49)には文化功労者に選ばれ、文化勲章を受賞するなど数々の栄誉を受け、1993年(平成5)に84歳で没するまで生命力あふれる作品を制作し続けました。
本展は、初期から晩年までの杉山芸術の力強い歩みを振り返る貴重な展覧会となっています。

今回は『杉山 寧 展』のご招待券を10組20名様にプレゼントいたします。
住所・氏名・年齢・メールアドレス・ART公募への感想(必須)を添えてメールにてご応募ください。

応募締切:2013年3月7日(木)13:00まで。
宛先(メールのみ): desk@artkoubo.jp
          ※メールタイトルに『杉山 寧 展』と添えてお送りください。
発表:当選者の発表は、当選者への発送をもってかえさせていただきます。


●会期:2013年3月6日(水)〜3月25日(月)
●会場:日本橋髙島屋8階ホール
     東京都中央区日本橋2-4-1 代表03-3211-4111
     10:00〜19:30(20:00閉場)※最終日3/25(月)は17:30まで(18:00閉場)
●入場料:一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料 
  • チケットプレゼント!
2013/02/22
公募展【第14回 日本・フランス現代美術世界展】の募集が開始されました。
1996年より世界に扉を開く公募展として、フランス、日本、中国でJIASが開催をしてきた本展。
2013年の第14回展は今回で二度目となる六本木、国立新美術館にて開催されます。国外からはJIAS関係のフランス画壇重鎮作家をはじめ、これまで日本で紹介される事の少なかった、サロン・ドトーヌからの選出作品、パリ企画画廊所属で 現在活躍中のフランス作品、スペイン、アメリカ、そして公募により選出された邦人作家作品のかつてない同時展観となる事でしょう。
テーマは自由。公募審査申込書締切は、2013年5月23日(木)。

展覧会期 : 2013年8月7日(水)〜8月18日(日)
会  場 : 六本木・国立新美術館(3A展示室)
主  催 : JIAS日本国際美術家協会
協  催 : 欧州美術クラブ

【ART公募:欧州美術クラブ・JIAS日本国際美術家協会/第14回 日本・フランス現代美術世界展ページ】
http://www.artkoubo.jp/obijias/d_koubo.php
  • 公募展関連
2013/02/22
住所が記載された印刷物の処理,心配ですよね。

シュレッターいらずのアイテムです。印刷物の上をコロコロとなぞるだけ。


住所が消えます。場所もとりません。しかもレターオープナー付き。



便利です。



http://wis.max-ltd.co.jp/op/product_catalog.html?product_code=SA90650 />
  • 日々の止まり木
2013/02/20
多摩美術大学の久保田晃弘と、早稲田大学の岩崎秀雄、高橋透らが提案する科研費基盤研究(C)『ポストゲノム時代のバイオメディア・アートの調査研究』が採択されました。研究テーマを「バイオメディア」アートと命名しました。そして2010年度には、バイオアートのポータルサイトである BIOART.JP を立ち上げ、オーストラリアのパースにあるバイオアートのCOEである SymbioticAの見学や共同研究を行い、続く2011年度には、バイオアートの父、ジョー・デイヴィス氏の日本招聘とワークショップやレクチャーの開催などを行い、バイオメディア・アートが持つ可能性を探求してきました。


科研費基盤研究(C)『ポストゲノム時代のバイオメディア・アートの調査研究』研究代表者 多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース教授
久保田晃弘 抜粋

今回科研究の締め括りとして展覧会を開催いたします。


●会期:2013年2月23日(土)〜3月24日(日)

  12:00〜19:00(金・土は20:00まで) 火曜日休場

●会場:アキタマビ21

   331Art Chiyoda201・202

   http://akibatamabi21.com/exhibition/


  • 作品ギャラリー
2013/02/01
第5回MOE絵本屋さん大賞2012の授賞式の一幕です。モエ編集長の傍らにミッフィーちゃんがお出まし。全国の児童書売り場担当者1500人にアンケートを実施し、選ばれるというユニークな賞です。選ばれた作家さんは「書店屋さんに選ばれるのは光栄です!」と喜びのコメントでした。

荒井良二氏の「あさになったのでまどをあけますよ」



それと昨年からはじまった絵本グランプリも第1回の受賞者が決定し,今発売中のMoe3月号に掲載されてます。
  • 日々の止まり木

プロフィール

  • ART公募フクロブ
  • ART公募事務局
  • 公募展情報もぜひご覧下さい。
  • twitterやってます
  • フクロブSNS
  • Twitter
    facebook

ART公募おススメ情報

ART公募おススメ情報ART公募おススメ情報

2019/10/08
 品川工(1908~2009)は、新潟県柏崎市に生まれ、練馬区に居住した作家
お役立ちインフォメーション
もっとみる