ART公募の止まり木「フクロブ」
2012/06/21
6月12日から東京・竹橋の東京国立近代美術館で開催中の吉川霊華展。
明治8年に生まれた吉川霊華(きっかわれいか、1875-1929)は、やまと絵や東洋芸術を学び古典と線描美を探究した画家です。今回はおよそ400点の作品調査を経て選ばれた約100点、スケッチ帳38冊、模写、草稿、資料、印章などが展示されます。

今回は「吉川霊華展 近代にうまれた線の探究者」のご招待券を5組10名様にプレゼントいたします。
住所・氏名・年齢・メールアドレス・ART公募への感想(必須)を添えてメールにてご応募ください。

応募締切:2012年6月27日(水)11:00まで。
宛先(メールのみ): desk@artkoubo.jp
発表:当選者の発表は、当選者へのメールをもってかえさせていただきます。
展示は7月の下旬まで続きます。是非夏休み期間の絵画鑑賞をお楽しみください!


●会  場:東京国立近代美術館(1F 企画展ギャラリー)
●会  期:2012年6月12日(火)〜7月29日(日)
  休 館 日・月曜日(ただし7月16日は開館)、7月17日(火)
●アクセス:東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口
●お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
     http://www.momat.go.jp/Honkan/kikkawa_reika/index.html


画像:吉川霊華《美人弾琴(びじんだんきん)》 1904年(明治37年) 個人蔵
  • チケットプレゼント!
2012/06/15
第47回たぶろう展の初日にいってきました!

今回は会長の並木望先生にお話をきくことができました。
展示されている絵画は初めてでかけた先の海外の風景をモチーフにされているとのこと。(作品:中世の街 チェスキークロムロフ 120F)

tableau(タブロー)はフランス語で「絵・絵画」を意味する言葉です。
もともと熱心に絵画とむきあう人の展示場所を提供するために発足した同会。先生は「初めて公募にとり組む方にもやさしい会だと思いますよ」とコメントされていました。近年若い会員さんも増えているそうです。


今回は会場の一角で各地方で活動する支部展の情報がパネルで紹介されています。
秋田・山形支部、埼玉支部、東京支部、横浜支部、山梨支部、沖縄支部、茨城支部、千葉支部、多摩支部、湘南支部、奈良支部など、東北から沖縄までの地域に根ざした活動が展開されています。

東京・国立新美術館での開催は、2012年6月25日(月)まで行われます。
美術館3階が展示室です。是非おでかけください。

魚沼山紫水明展やスケッチ旅行などの詳しい情報は公式サイトで。

【ART公募:第47回たぶろう展ページ】
http://www.artkoubo.jp/taburou/d_koubo.php
  • 公募展関連
2012/06/12
上野の森美術館で開催される公募展「日本の自然を描く展」が今年もはじまります。美術の啓蒙、普及を目的として絵を描く人たちを主な対象として毎年開催されている公募展です。16歳以上であれば経歴問わず出品することができます。絵を職業とする方も、趣味で描いている人たちも区別することなく気軽に参加できるところが魅力です。

今回は『第25回日本の自然を描く展』のご招待券を10組20名様にプレゼントいたします。
住所・氏名・年齢・メールアドレス・ART公募への感想(必須)を添えてメールにてご応募ください。

応募締切:2012年6月20日(水)11:00まで。
宛先(メールのみ): desk@artkoubo.jp
発表:当選者の発表は、当選者へのメールをもってかえさせていただきます。
今後の出品の参考におでかけください!

『第25回日本の自然を描く展』
●会期:2012年6月28日(木) 〜 7月17日(火)
   1期:6月28日(木) 〜 7月2日(月)
   2期:7月3日(火) 〜 7月7日(土)
   3期:7月8日(日) 〜 7月12日(木)
   4期:7月13日(金) 〜 7月17日(火)
 *冠賞は全会期を通して、優秀賞は、1・2期、3・4期に、佳作賞と入選の作品は4期にわけて展示します。
 *作家名50音で展示替えします。
   10:00 〜 17:00 ※入場は閉館30分前まで 会期中無休

●入場料:一般 500(400)円 大高生 300(200)円 中学生以下 無料
●会場:上野の森美術館
●美術館HP: http://www.ueno-mori.org/shizen.html

写真上:「だるまさんが、ころんだ!」上野の森美術館賞(課題部門)加賀谷裕
写真下:「音の無い部屋(理科室)」上野の森美術館賞(自由部門)早乙女務

【ART公募:上野の森美術館/第25回日本の自然を描く展ページ】
 http://www.artkoubo.jp/uenomori/d_koubo.php
  • チケットプレゼント!
2012/06/12
独立美術協会は佐伯祐三らによる1930年協会展を発端として、1930年に組織化された洋画団体です。本年第80回記念展を迎える独立美術協会の精鋭画家をクローズアップし、近作が紹介されます。
『独立美術協会の画家たち』展は、具象、抽象、具象としてVOL.?〜?に会期を分けて展示が続きます。

馬越陽子(賛助作品)
伊澤幸三
井上達也
小久保裕
?橋雅史
松村浩之
目黒礼子
山本雄三
湯澤宏


●会期:2012年6月29日(金)〜7月14日(土)
●開催時間:11:00〜19:00(最終日は17時まで)日曜日・月曜日/休廊
●会場:REIJINSHA GALLERY,Tokyo
〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-2みつわビルB1

【ART公募:独立美術協会/第80回記念展ページ】
http://www.artkoubo.jp/dokuritsu/d_koubo.php
  • 公募展関連
2012/06/11
東京国立博物館で開催されていました,ボストン美術館コレクション展は10日日曜日に終わりました。ですが,引き続き名古屋ボストン美術館で開催されます。見所いっぱいの豪華な展示です。これだけの物が海を渡ってしまったのか...。という感慨もありますが,保存状態は全て良好で作品にとっては良い運命だったのかも。特に奇才,曽我蕭白に関して全く無知でしたので作品からのインパクトに圧倒されました。奇才という言葉がふさわしく,脅威的なパワーがありました。是非ご覧下さい。

●前期:2012年6月23日(土)〜9月17日(月祝)
 後期:2012年9月29日(土)〜12月9日(日)
 9月18日(火)〜28日(金)は展示替えのため休館
●会場:名古屋ボストン美術館

公式HP:http://www.nagoya-boston.or.jp/boston-nippon/index.html

  • 作品ギャラリー

プロフィール

  • ART公募フクロブ
  • ART公募事務局
  • 公募展情報もぜひご覧下さい。
  • twitterやってます
  • フクロブSNS
  • Twitter
    facebook

ART公募おススメ情報

ART公募おススメ情報ART公募おススメ情報

2019/10/08
 品川工(1908~2009)は、新潟県柏崎市に生まれ、練馬区に居住した作家
お役立ちインフォメーション
もっとみる