ART公募の止まり木「フクロブ」
2014/02/28
2014年に76回展を迎える一水会展。その一水会の選抜展が開催中です。

多くの大家・人気作家を輩出してきた選抜展。今年も新たな次世代の新メンバーを加え、意欲作が出品されています。



会期:2014年2月26日(水)-3月4日(火)

会場:日本橋三越本店6F特選画廊

〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1




出品者:

小川 游, 川村 親光, 本山 唯雄, 寺井力三郎, 吉野谷幸重, 吉崎 道治, 田中 義昭, 越智 節昇, 小島 義明, 淺見 嘉正, 辰巳 文一, 鈴木 益躬, 寺井 重三, さきや あきら, 久保田辰男, 武藤 初雄, 佐藤 道雄, 篠原 昭登, 弦田英太郎, 山名 將夫, 小泉 元生, 田島 健次, 玉虫 良次, 丹羽 章, 斉藤 恵子, 稲原 吉男, 鈴木 順一, 山本 耕造, 池田 清明, 山本 勇, 浅見 文紀, 一の瀬 洋, 杉森企観明, 廣畑 正剛, 山田 和夫, 青木 年広, 新井 隆, 市川 広美, 宇野のり子, 大谷 芳滋, 岡野 信子, 笠井 隆良, 加曽利光男, 茅野 吉孝, 川村のり子, 菊池 洋二, 久保 博孝, 黒鳥 正巳, 斎藤由美子, 須貝 昌春, 鈴木 喜博, 相馬 順子, 高橋 皐, 滝沢美恵子, 竹内 徹, 武田 三起, 戸苅 武宏, 西 真里子, 保坂 晶, 松澤 泉次, 宮本 裕之, 村上 選, 山下 審也, 山本 佳子, 弓手 研平



出品作品一覧:(公式HPより)

http://www.issuikai.org/schedule/S53/prize.html
  • 公募展関連
2014/02/23
1919(大正8)年、山本鼎が長野県小県郡神川村(現上田市)で、地元の青年、金井正・山越脩蔵と共同事業として始めたのが、児童自由画運動と農民美術運動です。これら二つの運動は神川小学校を拠点として、たちまち全国各地に広まっていきました。

 1946(昭和21)年に山本鼎が療養していた上田で亡くなってから12年後の1958(昭和33)年、山越脩蔵や、山本鼎から直接教えを受けた農民美術練習所一期生の中村實らが発起人となり、山本鼎の業績を顕彰しようと記念館設立のための活動が始まりました。この活動は、県内の学校関係者や美術関係者、及び全国の美術家らの賛同を得ました。また、建設資金についても長野県や上田市の補助金の他、児童・生徒の寄付も含む賛同者からの寄付金で賄われ、1962(昭和37)年、山本鼎の命日である10月8日に開館しました。 しかし、50年以上にわたって多くの方々に親しまれてきた山本鼎記念館は、2014(平成26)年秋に上田市に新しくできる上田市立美術館開館に伴い、その幕を下ろすことになりました。そこで、山本鼎記念館閉館特別展「ありがとう!山本鼎記念館」を開催します。この展覧会を通して、多くの方々が山本鼎記念館の51年という長い歴史に思いを馳せていただけたらと願います。


●タイトル:山本鼎記念館 閉鎖特別展「ありがとう!山本鼎記念館」
●会期:平成26 年2 月6 日(木)〜3 月25 日(火)
午前8時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
●会場:上田市山本鼎記念館
〒386-0026長野県上田市二の丸3-4
●観覧料:一般250円、高校・大学生180円、小中学生60円
上田市在住の高校生以下は無料、団体・障害者割引あり。
●公式HP:
http://museum.umic.jp/kanae/index2.html
  • 公募展関連
2014/02/21
江戸東京博物館 開館20周年記念特別展

大江戸と洛中

〜アジアのなかの都市景観〜



「江戸時代の代表的な都市は」と問えば、誰もが江戸と京都をあげるでしょう。この大都市を比較すれば、どのような特徴があげられるでしょうか。そして、東アジアのなかで見た時にどのようなことが考えらえるでしょうか。

●会期:2014年3月18日(火)〜5月11日(日)

●会場:江戸東京博物館 1階展示室

●休館日:5月7日および毎週月曜日(ただし、4月28日・5月5日は開館)

●開館時間:午前9時30分〜午後5時30分(土曜日は午後7時30分まで)

*入館は閉館の30分前まで。

●主催公益財団法人東京都歴史文化財団、東京都江戸東京博物館、読売新聞社

●入場料:観覧料(税込)

一般 1,300 円(1,040 円)※()内は20名以上の団体料金。 他

●公式HP:http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

画像:東海道五十三次図屏風 六曲一双(右隻) 寛文年間 東京都江戸東京博物館蔵

応募締切:2014年3月5日(水)13:00まで。
宛先(メールのみ)desk@artkoubo.jp

※メールタイトルに『大江戸と洛中』と添えてお送りください。
住所・氏名・年齢・メールアドレス・ART公募への感想(必須)を添えてメールにてご応募ください。発表:当選者の発表は、当選者への発送をもってかえさせていただきます。

  • チケットプレゼント!
2014/02/14
5月に第70回記念現展を開催する現代美術家協会。そのまえに東京の支部によるギャラリー展示が開催される。絵画・写真・デザイン・版画・工芸・立体など作品ジャンルは多岐にわたる。

東京現展《新春展1》

期間:2014年
2/13(木)〜18(火)

会場:コートギャラリー国立1・2室
http://www.courtgallery-k.com/
〒186-0004東京都国立市中1-8-32(JR国立駅南口より徒歩1分。)

第70回記念現展の詳細はART公募にて↓
http://www.artkoubo.jp/genten/d_koubo.php
  • 公募展関連
2014/02/14
1980 年生まれの野口哲哉は、樹脂やプラスチックなど、現代的な素材を駆使して古びた姿の鎧武者を造形し、それらの織りなす嘘とも現実ともつかない魅力的な世界観を構築する美術家です。

作家はまだ30 代半ばで活動期間は短いとはいえ、コレクターは国内外に及び、展覧会出品作、個展での評価も高く、今まさに注目される作家の一人です。

一貫して鎧武者をモチーフに制作する野口の新作を含めた全作品約90 点を中心に、彼の発想の原点となった古今の美術作品や写真、グラフィックデザインなどを併せて展示し、野口の武者世界を紹介する、初の個展となります。

5組10名様にチケットプレゼントあります。



画像:シャネル侍着甲座像
CHANEL SAMURAI (c)Tetsuya Noguchi/Collection:CHANEL K.K


応募締切:2014年2月21日まで(金)13:00まで。
宛先(メールのみ):desk@artkoubo.jp
※メールタイトルに『野口哲哉展』と添えてお送りください。
住所・氏名・年齢・メールアドレス・ART公募への感想(必須)を添えてメールにてご応募ください。
発表:当選者の発表は、当選者への発送をもってかえさせていただきます。
●会期:2014年2月16日〜4月6日
●会場:練馬区立美術館
  • チケットプレゼント!
2ページ中 1ページ

プロフィール

  • ART公募フクロブ
  • ART公募事務局
  • 公募展情報もぜひご覧下さい。
  • twitterやってます
  • フクロブSNS
  • Twitter
    facebook

ART公募おススメ情報

ART公募おススメ情報ART公募おススメ情報

2019/10/08
 品川工(1908~2009)は、新潟県柏崎市に生まれ、練馬区に居住した作家
お役立ちインフォメーション
もっとみる