ART公募の止まり木「フクロブ」
2016/10/27
今年もやってまいりました古本まつりです。
本日は準備中でした。
ここ何年かは本当に天気に恵まれています。
書物にまつわるイベントも多いです。
是非、公式HPをチェックしてお出かけください。
かなりの人がお気に入りを求め、歩道を練り歩きます。
動きやすい服装でどうぞ。


会期:10月28日〜11月6日

公式HP:http://jimbou.info/news/furuhon_fes_index.html

●第26回 神保町ブックフェスティバル
会期:2016年10月29日(土)、30日(日)


こちらは、すずらん通りの開催です。
出版社や通常の本屋さん(古書店でない)が古書でない掘り出し本をセールします。

つい、最近欲しかった本や買いそびれてしまった本に出合えるチャンスかも!

公式HP:http://jimbou.info/news/book_fes.html
  • 日々の止まり木
2016/10/26
日本画家の中島千波,中野嘉之,畠中光享が率いる
「7m大作」の公募展。
ますますレベルアップした第5回展が東京都美術館で開催中です。
壁一面を埋め尽くす力作の数々をぜひご高覧ください。

初日に行われた7名の出品作家によるギャラリートークは,
各作品に主催者3名の先生方がコメントくださるという
とても贅沢な講評会でした。

来年第6回展からは会場が倍以上の広さになり,
入選者も大幅に増える予定です。
大作制作に挑戦されてみてはいかがでしょうか。

●会期:2016年10月20日(木)〜10月28日(金)
●会場:東京都美術館 ギャラリーB
入場無料
●公式HP:
http://www.agkaze.jp/index.html
●ART公募内ページ
http://www.artkoubo.jp/artkaze/d_koubo.php?k_id=200260
●ART公募マガジン記事
[file1]もっとも大きな絵を描く、もっとも小さなグループ
http://www.artkoubo.jp/magazine/artmag_0001.html
[file20]大作主義を掲げ、美術の世界に清新な風を吹かせる
http://www.artkoubo.jp/magazine/artmag_0020.html

2017年2月から入選作家による小品展が開催されます。
・東京展:2017年2月1日ー7日高島屋日本橋店6階美術画廊
・京都展:2017年2月15日ー21日高島屋京都店6階美術画廊
・大阪展:2017年3月1日ー7日高島屋大阪店6階美術画廊
  • 公募展関連
2016/10/25
神保町駅近く地下にある魚勝さんです。



メニューは画像のとおり魚料理に徹しています。メインはベジ丼、海鮮バラちらし、焼き魚、マグロの刺身、が選べます。漬物にあつあつのわかめの入ったお味噌汁、ほうじ茶と体に優しいメニューです。さらに体にもいいのがこちらの店舗は立ち食いなのです。今、座り過ぎが問題になるこの世の中、食事中でもカロリー消費し胃も圧迫されず立ち食いは結構好きです。
どこに立ってもテレビが見えて目線は困りません。

夜もメニュー豊富な魚料理を中心とした立ち呑み屋になります。


お魚が恋しくなったら是非。

http://www.enjoytokyo.jp/gourmet/spot/g_g847504/
  • 日々の止まり木
2016/10/18
生姜ラーメンを頂く。濃厚なスープに生姜がトッピング。麺は太麺平打ちでどうもこちらの麺にも生姜が入っているそう。

麺は、量が選べてしかも同額というかなり良心的なサービス。なんと結構カウンターが一つでいつも混んでいるようですが、お一人で切り盛りされており、その仕事ぶりを拝見するのも楽しかったです。とても丁寧で、緊張感ある所作は見事です。



美空(びくう)

http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13121616/ />
  • 日々の止まり木
2016/10/14
1997年の開催から20周年を迎えた
文化庁メディア芸術祭の20周年記念企画展です。

アーツ千代田3331をメイン会場とし「変化」をキーワードに,
過去に審査委員を務めた4人の監修者によって選ばれた,
歴代の受賞・審査委員推薦作品の展示や上映等を行います。

入場は全会場で無料,会期中は様々なシンポジウムなどイベントも多く実施されます。

文化庁メディア芸術祭20周年企画展ー変える力
●会期:2016年10月15日(土)〜11月6日(日)
●会場:
<メイン会場>
アーツ千代田 3331(東京都千代田区外神田6丁目11-14)
開場時間=11:00〜19:00 ※入場は閉場の30分前まで 会期中無休
<サテライト会場>
NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]、
UDX THEATER、国立新美術館、千代田区立日比谷図書文化館
※開館時間、休館日は会場によって異なります。
●入場料:無料
●公式HP:http://20anniv.j-mediaarts.jp/
●主催:文化庁メディア芸術祭20周年企画展実行委員会
  • 公募展関連
2ページ中 1ページ

プロフィール

  • ART公募フクロブ
  • ART公募事務局
  • 公募展情報もぜひご覧下さい。
  • twitterやってます
  • フクロブSNS
  • Twitter
    facebook

ART公募おススメ情報

ART公募おススメ情報ART公募おススメ情報

2019/10/08
 品川工(1908~2009)は、新潟県柏崎市に生まれ、練馬区に居住した作家
お役立ちインフォメーション
もっとみる