ART公募の止まり木「フクロブ」
2019/06/04
渺渺展(びょうびょうてん)とは日本画若手作家の集まりによる展覧会です。

日展、創画会、院展、無所属など、さまざまな場で活躍する若手の日本画家たちによって、2001年より開催を続けてきています。
毎年都内での展覧会の他、デパートや画廊等で小品展も随時開催しています。

「渺渺(びょうびょう)」とは、「広く果てしないさま」という意味を持ちます。
スタイルや絵画観の異なるメンバーがお互いに刺激し、研鑽し合う中から、何かをつかみ取ることができればという思いで一人一人が制作、展示をしています。

本日6月4日より、都内3会場で作品展示を行っています。
ぜひご高覧ください。

大作展示:メイン会場
日程 2019年6月4日(火)‐9日(日) 会期中無休
時間 10時‐18時30分(最終日17時迄)
場所 東京銀座画廊・美術館
住所 東京都銀座2-7-18 銀座貿易ビル8F(銀座メルサ上)

同時開催:小品展
日程 2019年6月4日(火)‐13日(木) 会期中無休
時間 11時‐18時30分
場所 ギャラリー和田(メイン会場:東京銀座画廊・美術館から徒歩1分)
住所 東京都中央区銀座1-8-8三神ALビル1F

同時開催:小品展
日程 2019年6月4日(火)‐9日(日) 会期中無休
時間 10時30分‐18時
場所 林田画廊(メイン会場東京銀座画廊・美術館から徒歩6分)
住所 東京都中央区京橋2−6−16

渺渺展HP:http://byoubyouten.com/
  • 作品ギャラリー
2019/05/29
大作公募展「アーティストグループ風」でも連続入賞を果たし、新時代の日本画の騎手として注目の集まる、木下めいこ氏の個展が本日より日本橋 高島屋本店で開催しました。

作家の主な技法である杉板に絹を貼って制作した作品や近年新たに取り組んでいるサイアノタイプと言う青写真の技法を使い、四季の花の一生を描きます。

ぜひご高覧ください。


―時分の華―木下めいこ展
会期:2019年5月29日(水)〜6月4日(火)
時間:10:30-19:30(最終日は16時に終了)
場所:日本橋高島屋S.C 本館6階 美術画廊
東京都中央区日本橋2-4-1
03-3211-4111

略歴
木下めいこ
1977年 東京都生まれ
2000年 多摩美術大学日本画専攻卒業
2002年 多摩美術大学大学院日本画修了
多摩美術大学 芸術学科非常勤講師
美術科連盟会員
個展・グループ展・受賞多数
  • 日々の止まり木
2019/04/09
神保町小学館のビル内にあるカフェですが、
レトロなイメージの神保町らしからぬ新しくオシャレな空間が広がります。

ですが、メニューはしっかりと出版社が多い町ならではの
「校了弁当」を発見!
校了とは、原稿の確認の最終段階を意味しており、 印刷や掲載しても良い状態を表す言葉です。
ここへの道筋は、一筋縄ではありません。

編集者がこの日を無事迎えることが何よりも至福の時でしょう。

これは、校了日に最後にデスクで弁当を食べ、頑張れの意味なのか、全て終わって自分へのご褒美弁当なのか賛否別れるところです。
弁当ということろが気になります。

出版社勤めでない人も、是非ご堪能ください。他にこだわりコーヒーやサンドイッチやパスタも豊富です。

https://www.mi-cafeto.com/shop/2

校了弁当(ロ-ストビーフや生ハムなど) 小サイズ 1200円
  • 日々の止まり木
2019/04/01
新元号が発表された本日、ヘリコプターが旋回する中、桜確認してきました。満開でした。樹齢が経っているので枝先の桜の付き具合が心配ですが、これだけ多いと圧巻です。靖国通り沿いも桜並木なのでこの時期は桜づくしになります。
夜は千鳥ヶ淵ライトアップになります。

日程:2019年3月27日(水)〜4月7日(日)
時間:日没(18:00頃)〜22:00
場所:千鳥ヶ淵緑道(東京都千代田区九段南)
※ 桜の開花状況により、実施期間が変更になる場合があります。
▼交通アクセス・最寄り駅
・地下鉄「九段下駅」徒歩10分
・地下鉄「半蔵門駅」徒歩10分

  • 日々の止まり木
2019/03/26
2019年に開館30周年を迎える横浜美術館では、全展示室を使って当館のコレクションを紹介する展覧会「Meet the Collection −アートと人と、美術館」が開催されます。

「LIFE:生命のいとなみ」「WORLD:世界のかたち」の2部構成、全7章のもと、当館の1万2千点を超えるバラエティ豊かなコレクションのなかから、絵画、彫刻、版画、写真、映像、工芸など300点を超える作品を展示します。
また、4人のアーティスト[束芋(たばいも)、淺井裕介(あさい・ゆうすけ)、今津景(いまづ・けい)、菅木志雄(すが・きしお)]をゲストとして招き、彼らの作品を横浜美術館に収蔵された多様な作品と同じ空間に並べ、作品同士の出会いの場が創出されます。

5組10名様に無料観覧券プレゼント
チケットプレゼント!
締切り2019年4月12日(金)13時まで
:desk@artkoubo.jp
※メールタイトルに『Meet the Collection展』と添えてお送りください。

第1部 LIFE:生命のいとなみ
1- 1 こころをうつす ゲスト・アーティスト:束 芋
1- 2 いのちの木 ゲスト・アーティスト:淺井裕介
1- 3 まなざしの交差
1- 4 あのとき、ここで
第2部 WORLD:世界のかたち
2- 1 イメージをつなぐ ゲスト・アーティスト:今津 景
2- 2 モノからはじまる ゲスト・アーティスト:菅木志雄
2- 3 ひろがる世界

●会期:2019年4月13日(土)〜6月23日(日)
●会場:横浜美術館
●住所:〒220-0012
    神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
●お問合せ:TEL:045-221-0300(代表 10時〜18時、木曜日休館)
      FAX:045-221-0317
●開館時間:10時〜18時 (入館は17時30分まで)
●毎週金曜・土曜は20時まで (入館は19時30分まで)
●休館日:木曜日、5月7日(火)*ただし5月2日(木・休)は開館
 主催 横浜美術館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
 助成:一般財団法人地域創造
 協力:みなとみらい線、横浜ケーブルビジョン、FMヨコハマ、首都高速道路株式会社
公式HP: https://yokohama.art.museum/
画像:ルネ・マグリット 《王様の美術館》1966年 油彩、カンヴァス 130.0×89.0cm 横浜美術館蔵
  • チケットプレゼント!
102ページ中 2ページ

プロフィール

  • ART公募フクロブ
  • ART公募事務局
  • 公募展情報もぜひご覧下さい。
  • twitterやってます
  • フクロブSNS
  • Twitter
    facebook

ART公募おススメ情報

ART公募おススメ情報ART公募おススメ情報

2019/10/08
 品川工(1908~2009)は、新潟県柏崎市に生まれ、練馬区に居住した作家
お役立ちインフォメーション
もっとみる